怪我自慢

皆様にご心配をおかけしております。
暖かいお言葉にこの場を借りてお礼申し上げます。


今回の負傷は、膝の内側靭帯及び前十字靭帯損傷でした。
何だかサッカー選手とかプロ野球の選手みたいですね!
病院での初診のとき、先生に何と説明しようか悩みました(^ω^;)(;^ω^)
でも結局は正直に犬とぶつかって・・・と説明しましたよ(´・ω;`)
一瞬、近くにいた看護師さんたちの手が止まり「え?」って雰囲気に・・・(汗
犬好きな看護師さんもいらして、しばし話は和やかな犬の話題に(笑


実は、中学時代から同じ怪我で同じ病院に何度か罹っており、
私にとっては20年ぶりの災難だったのです。
当然、病院の先生は私のことなどすっかり忘れていらっしゃいました。
膝に溜まった血を注射で抜くのですが、そのときになって

「あ~、思い出したっ、昔こうやって注射するとき泣いてた子だね」と・・・。

私はこの、「血を抜かれる」治療がほんとに嫌で、中学生にもなって
毎回マジ泣きしていたのでした。
その恐怖はおばさんになった今でも同じでしてぇ・・・・
先生が注射器片手に思い出を語っていらっしゃる間、
生きた心地がしませんでした(@_@;)
まさかこの年で泣くわけにもいかないので必死にこらえ・・・・
その結果冷や汗たらたらで看護師さんに笑われますた(´・ω;`)

その後はギプスを巻かれ・・・
ギプス2週間→金具装備のついたサポーター4週間 の全治大体6~7週くらいとの事で。

ギプス生活は1週間で免れ、サポーター生活の今日この頃です。
「膝」という場所柄、ギプス生活はかなり辛かったです(´・ω;`)

膝の曲がらない足ほどどうにもならないものは無い・・・というくらい。
椅子に座れず、立つか寝るだけ。
よって、ひたすら寝ていました(^ω^)

寝てばっかりで動いてないのにお腹が空く不思議(^^♪


サポーター生活になってようやく90度近くまで膝が曲がるようになったので
こうして余裕でPCに向かっていられるようになりました。
まだ痛みがありますが、すっかり弱った筋肉を元に戻さないと歩けないので
のんびりリハビリしております。


こんな私の姿にあいびーは変わらず飛びついてきてくれるので
あいびーが私に近づくだけで 「痛いっ、やめろっ」と叫ぶ毎日。
「二次災害」だけは避けたいのでかなり慎重に生きてます(^ω^)


そんなあいびーのお宝画像を入手しました。

a0109914_21281668.jpg


     あいびーのセクシーなお風呂上り姿・・・
     あまりに情けない姿で、ついつい笑ってしまう逸品です(^ω^)


完全復活までもう少々かかりそうですが、
                 本人はきっとあいびーより元気です(^ω^)(^ω^)



   ★++++++++++++++++++++++++★

札幌市・札幌市近郊で メイちゃんとサツキちゃん 飼い主さん募集中

預かり日記は →→→ 共生日記

   ★++++++++++++++++++++++++★



松葉杖使用により、悲しいほど上腕二頭筋が逞しくなりました。
今日もクリックをお願いいたしますm(__)m
   にほんブログ村 地域生活ブログ 道央情報(北海道)へ
[PR]